岡崎・豊田・安城・刈谷・知立・高浜・碧南・西尾・蒲郡・豊川の1日1組の家族葬専門会館 低価格でも家族の想いを大切にした世界に一つだけのご葬儀をお手伝い致します。 岡崎・豊田・安城・刈谷・知立・高浜・碧南・西尾・蒲郡・豊川の1日1組の家族葬専門会館 低価格でも家族の想いを大切にした世界に一つだけのご葬儀をお手伝い致します。

Blog絆ブログ

なにげない、かけがえのない、いつもの

「よく食べてたなぁ。」

何の種類を、いつ、どんな時に。細かなことはわからずとも、その方その方に「いつもの」風景、印象があります。

大切なご家族様からふとこぼれたひと言。
今回お手伝いさせていただいた故人様の縁は、昔からある個人経営のサンドイッチ屋さんにありました。
お話をお聞きし、あわただしくご準備をされるご家族様の代わりになればと、実際にお店に向かうと、通夜の当日は開店日。お店のカウンターの向こうには、腰の曲がった耳の遠い優しい老夫婦がいらっしゃいました。

「ああ、この方々が、ご一緒に時を過ごしてこられたのだな。」

そう思うと、私は食べたことのない手作りサンドイッチなのに、なぜかとても懐かしい味がするのだろうと胸が膨らみました。
お供え用に買わせていただいたサンドイッチと同じくらい、自分でもたくさんのサンドイッチを気付いたら購入していて。わくわくしながらパッケージを開けほおばると、ふわふわのパンが、優しく口いっぱいに広がりました。
「幸せだな」。素直に感じた心と共に、この瞬間を、ひょっとして故人様は楽しんでいらしたのかもしれない…わざわざ息子さんに送ってもらって、買いに来ていたサンドイッチ。何十年というご縁に、ふと触れさせていただいた気がいたしました。

ウリ科も好物だとお聞きし、ご一緒にお供えさせていただいたメロンと共に。あまいの、しょっぱいの、色々入ったの…ご用意させていただいたサンドイッチ。
何を食べていたかはすぐに思い出せないと何気なくこぼされていたなか、「どれも好きだと思う」と、にこにこサンドイッチを眺めながらそうおっしゃってくださったご家族様のお言葉に、ほっと胸をなでおろしました。

何気ない、ささいな「いつもの」。そのかけがえのない、大切なものたちに触れさせていただけるかけがえのないお仕事に本日も感謝しながら、日々、想いを、明日へとつなげてまいります。

家族葬の結家

担当 古橋 春奈


家族葬の結家 公式Instagram・Facebook・Twitterでも葬儀の様子や豆知識などをご紹介しております。
ぜひご覧ください!

はこちら

はこちら

はこちら