岡崎・豊田・安城・碧南の1日1組の家族葬専門会館 低価格でも家族の想いを大切にした世界に一つだけのご葬儀をお手伝い致します。 岡崎・豊田・安城・碧南の1日1組の家族葬専門会館 低価格でも家族の想いを大切にした世界に一つだけのご葬儀をお手伝い致します。

Blog絆ブログ

お棺の中に入れて差し上げる物

火葬のお話し

あれもこれも持って行って欲しい、大切な方が淋しくない様に、好きだったもの写真などいろいろお棺の中にいれてあげたい・・・

そのお気持ちはよ~~くわかります。

きっと私でもそうしたいと思うから一つだけ お伝えをしますね。

お棺の中に、たくさんの物を入れたら入れた分お骨は汚れます。

色がついたりにおいがついてしまいます。

 

お骨を綺麗に残してあげたいと思うなら、あんまりいろいろなものを入れない方が良いというお話しです。

「火葬場からはこのような副葬品は入れないでください」というお願いの書類です(岡崎市場) 

燃えないものは入れてはダメなのはわかります・・ね。

「紙は燃えるよね、紙でできているものならいいよね」と思われがちですが紙は燃えてそのまま残ります。

千羽鶴は鶴のカタチのまま残ります。

ご収骨の時にその紙をよけながらお骨を拾わなくてはなりません。

 

なので、「綺麗にお骨を拾ってあげたい」と思われるのなら、あんまり副葬品は入れない方が良いのです

 

 

家族葬の結家 

担当 藤原 恵美