岡崎・豊田・安城・碧南の1日1組の家族葬専門会館 低価格でも家族の想いを大切にした世界に一つだけのご葬儀をお手伝い致します。 岡崎・豊田・安城・碧南の1日1組の家族葬専門会館 低価格でも家族の想いを大切にした世界に一つだけのご葬儀をお手伝い致します。

Knowledgeお役立ち情報

【お葬式で恥をかかないために!】香典の相場や包み方を覚えておこう

【お葬式で恥をかかないために!】香典の相場や包み方を覚えておこう

■相場や包み方を把握しましょう

大切な方が亡くなるのはなんの前触れもなく、急に訪れることもあります。

そのようなときに参列する際に何もやり方がわからないと、困ってしまいます。

こちらでは参列したときに持参する香典の相場や包み方、注意点についても説明してきますのでぜひ参考にしてみてください。

■香典を渡す際のマナーは?

・香典はふくさで包みましょう

正しい持参の仕方としては、ふくさに包んで持っていきましょう。不祝儀袋を挟むタイプのものが簡単で一般的であり、好みの方を利用してOKです。正式なものを使いたいと考えている方は、風呂敷タイプを使用しましょう。このとき色には注意が必要で、あまり明るい色はお葬式のマナーに違反している言われています。選ぶのであれば紫や紺などの寒色を選び、間違ってもオレンジや赤系の明るい色は選ばないようにしてください。

・新札を使うことはNG

お札を包むときには新札を使わないのがマナーです。

結婚式などのお祝い事では新札を使うようにと言われているので、そのイメージがある方もいるかもしれません。今回はお祝い事ではないので、逆に新札を使うことが失礼になってしまいます。まずはそういったルールがあるということを覚えておきましょう。

・紙幣は奇数枚にしましょう

香典を包むときには金額が5,000円、1万円のように紙幣は奇数枚にするようにします。これもマナーの1つで、偶数は故人との関係が切れることを意味します。知らないで2万円など包んでしまうとマナーを知らない人というイメージを与えてしまうので、気を付けましょう。

■香典の相場について

・親族の場合

祖父母の場合は1万円から3万円、兄弟の場合は3万円から5万円となります。親戚の場合は、5,000円から1万円でになります自分と近い関係にある親族の場合は、香典の金額が高くなりがちですので、日ごろからいざというときに冠婚葬祭費用として貯めておくと安心でしょう。ほかにも香典を包むときには金額が5,000円、1万円のように紙幣は奇数枚にするようにします。

・会社関係の人の場合

亡くなった方が親戚ではなく、会社関係の場合は1万円以下で大丈夫です。

だいたいが5,000円で良く、上司の場合は1万円まで、部下の家族の場合は3,000円でもかまいません。

・友人や同級生の場合

友人や同級生の場合は、5,000円から1万円が相場になります。

相場以上に気持ちを込めて包みたくなる場合もありますが、逆に遺族に気を遣わせる結果となり困らせてしまいます。そのため変な気を遣わせないためにも、相場の範囲内で香典を包むといいでしょう。

■葬儀に関してお悩みの方へ

愛知県の中にある葬儀社の中でも、「平安会館」、「文十鳳凰殿」、「家族葬の結家」、「愛知直葬センター」では細かい風習について詳しい知識を持っています。事前相談やお問い合わせだけでも可能ですので、まずは話を聞いてみましょう。