岡崎・豊田・安城・刈谷・知立・高浜・碧南・西尾・蒲郡・豊川の1日1組の家族葬専門会館 低価格でも家族の想いを大切にした世界に一つだけのご葬儀をお手伝い致します。 岡崎・豊田・安城・刈谷・知立・高浜・碧南・西尾・蒲郡・豊川の1日1組の家族葬専門会館 低価格でも家族の想いを大切にした世界に一つだけのご葬儀をお手伝い致します。

Blog絆ブログ

精進落としについて

皆様、こんにちは。いつも絆ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
本日は〈精進落とし〉についてお話しいたします。

〈精進落とし〉とは、葬儀や火葬の終了後に設ける宴席のことです。
地方によっては「精進上げ」「忌中祓い」「精進落ち」「お斎」「直会」「仕上げ」などと呼ばれていたり、宗派によっては「精進落とし」と言わなかったりします。

元来、魚や肉などを食べずに精進した中陰の期間に区切りをつけ、日常生活に戻ることを精進落としと言いました。
しかし、昨今では故人様との食い別れの宴席を設けたり、葬儀後に手伝ってくれた人にお礼の振る舞いをする意味合いが強くなり、「精進落とし」という名前で席を設ける流れになりました。

【家族葬の結家】では、感染症拡大防止の観点もあり、会食ではなく、持ち帰り用のお食事をご用意しております。
ご自宅で皆様方に美味しく召し上がっていただけるように、お食事を保冷剤付きのバックに入れてお渡ししております。
また、結婚式場で料理を振る舞うシェフが提供しており、「葬儀の料理は期待していなかったけど、非常に美味しかった!」と、お客様から嬉しいお言葉もいただきました。

家族葬が増え、周りに気を遣うことが減った昨今だからこそ、ご家族それぞれの繋がりを大切にし、過ごされてはいかがでしょうか?
ご家族で絆を深めながら召し上がる葬儀でのお食事も、どうぞ【家族葬の結家】にお任せください。

家族葬の結家

担当 野村 駿


家族葬の結家 公式Instagram・Facebook・Twitterでも葬儀の様子や豆知識などをご紹介しております。
ぜひご覧ください!

はこちら

はこちら

はこちら