岡崎・豊田・安城・刈谷・知立・高浜・碧南・西尾・蒲郡の1日1組の家族葬専門会館 低価格でも家族の想いを大切にした世界に一つだけのご葬儀をお手伝い致します。 岡崎・豊田・安城・刈谷・知立・高浜・碧南・西尾・蒲郡の1日1組の家族葬専門会館 低価格でも家族の想いを大切にした世界に一つだけのご葬儀をお手伝い致します。

Knowledgeお役立ち情報

愛知県の葬儀の平均費用とは?愛知県で葬儀費用を抑えるための知識

愛知県の葬儀の平均費用とは?愛知県で葬儀費用を抑えるための知識

■愛知県の葬儀の費用は?

平成24年に日本消費者協会が行った「第10回葬儀についてのアンケート」によると、愛知県で執り行われた葬儀の平均費用は、215.8万円でした。
こちらは全国平均の188.9万円を大幅に上回る数字であり、愛知県の方々が丁寧に故人を見送られている姿勢が窺えます。
内訳としては、葬儀一式の費用が136.7万円、飲食接待費が29.5万円、寺院の費用が60.1万円となっているのですが、実は飲食接待費に関してだけは全国平均より低めになっています。
代わりに非常に高くなっているのが寺院の費用で、全国平均が44.6万円のところ、15万円近く高い金額の格差が出ているのです。

■費用を抑えつつ故人を温かく送り出すなら家族葬

葬儀の費用を内訳から考えた場合、葬儀一式の費用は施設利用費や車両費、遺体の安置費用などとても大切な内容となっていますので、大幅に省くことは難しいでしょう。
一般的には飲食接待費を節約することが多いのですが、愛知県の場合は前述の通り、全国平均よりもともと低めに抑えられています。
ただ、こちらは内容が通夜ぶるまいや精進落とし、返礼品といったものなので、参列者が少なくなればそれだけ費用も抑えられることになります。
近年では都市部を中心に家族葬や直葬などが多く執り行われる傾向にあり、愛知県でも同様の流れになっていますので、飲食接待費に関しては今後もっと低くなるでしょう。
家族葬は、ご遺族が中心となって執り行われる葬儀であり、集まるのは身内のみとなります。
流れとしては一般的な葬儀とほぼ変わらず、参列者の対応なども必要なくなるため、ゆっくり故人をお見送りすることができます。
葬儀社に相談すれば故人の好きだった音楽を流したり、一言ずつ言葉をかけたりといったお別れの式ができますので、自由に組み立てられるのも良い点でしょう。
費用に関しては一般的には110万円程度が主流となっており、身内の飲食代を併せても、さほど大きな出費にはならずに済ませることができます。
ご遺族同士でよく話し合い、無理のない範囲で丁寧にお見送りすることも可能です。
直葬は火葬式という葬儀になりますが、最も費用を抑えることができる形です。
通夜や告別式などは行わず火葬のみを行う方式になり、こちらも家族葬同様、参列者は基本的に呼ばず身内のみで執り行います。
日本の法律では、死後24時間以内に遺体の火葬をしてはいけないことになっていますので、納棺し、霊安室や自宅で故人と最後の時間を過ごした後に火葬となります。

・複数の葬儀社を比較することで費用を抑えられるかも?

葬儀社を探す場合は複数の葬儀社を比較検討しましょう。複数の葬儀社と相談することで故人に適したお葬式を執り行うことが可能になります。                       費用の平均は30万円程度ですが、愛知県の「家族葬の結家」や「愛知直葬センター」では15万円から可能です。

■葬儀社に相談して納得のいくお葬式を

費用のために直葬を選んだけれど、故人とのお別れの時間が短く、やはり一般的な葬儀にしておけば良かったと後々感じるご遺族もいらっしゃいます。
葬儀は個人をお見送りする大切な時間ですので、迷う場合はプロである葬儀社へきちんと相談することも大切です。
悲しみの中、見積もりを依頼したり見学したりする気力はなかなかないかもしれませんが、しっかりお見送りするためにもプロのサポートを受けましょう。
愛知県にはたくさんの葬儀社があり、ご本人が事前に相談することで納得のいくまで話ができるサービスなどもあります。
「平安会館」の家族葬(想)では100のご家族に100通りの形を提案し、費用を抑えたうえで迷うことなく満足の葬儀ができるようになっているのです。
「文十鳳凰殿」では、家族葬から企業規模の社葬までさまざまな規模のセットプランがあります。
気になる葬儀社があれば、見積もりを依頼したり、実際に訪れて見学してみることもお勧めします。
「平安会館」、「文十鳳凰殿」、「家族葬の結家」、「愛知直葬センター」のwebサイトでは、事前相談やお問い合わせ、資料請求や会員登録などが可能です。